ひとり旅の友ブログ
ひとりメシの旅の記録です。 ひとりメシの友ブログと連動しています。


プロフィール

ひとりメシ

Author:ひとりメシ
ひとりメシの友の旅行記編としてこちらで旅行記を書くことにしました。
本ブログ、ひとりメシの友ともどもよろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



PR

PRです



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新ターミナル万歳!ANAで行く韓国の旅1日目その2
清渓川を見ながら明洞方面へ抜ける。その途中、ロッテホテルの向かい側にある一角においしそうな定食屋が並んでいる。
昼食時をとっくにすぎ、夕食まではまだ時間がある。
そんな中でお客さんがいる店がある。
店のメニューをみると大好きなビビンバがある。
迷ったが中に入る。
一人客が珍しいのか、アジュンマがじろじろ見る。
確かに観光客が来そうな店ではない。
アジュンマにいきなり「ヘジャンク?」と聞かれた。
ヘジャンクとカムジャタンの専門店らしい。
ビビンバを頼むと調理担当のアジュンマにできるかどうか聞いて、アジュンマができるといってたのでOKだった。良かった!
生野菜シャキシャキのビビンバでスープはヘジャンクのスープだった。
オウンダンヘジャンクのビビンバ

ソウルでの1食目。やっぱりうまい。
コチュジャンに甘みが少ないけどそれはもう許容範囲!
このお店のレポートもひとりメシの友ブログで近日公開!

お腹もいっぱいになったので、ぶらぶら歩いて明洞へ。
さすがこのあたりまで来ると日本語がたくさん耳に入る。
夏休みだけあって観光客が多いなあ。私もだけど。
暑かったので、そのまま地下鉄に乗ってシルロアムサウナに。
まごまごしているとフロントのアジュンマに日本語で「泊まる?」って聞かれた。
やっぱりここに泊まる日本人が多いんだろうなあ。
ちなみに仮眠室に行ったら、二段ベッドで仕切りつき。
日本のサウナの仮眠室よりぜんぜんいい。広いし。
シルロアムサウナの看板

わかりにくいが、5階の仮眠室の掲示に「鼾かく部屋」という表示がある。
鼾隔離部屋があるとは(笑)
ここのサウナは実に韓国チックで、お風呂場に行くのにロッカーから全裸で進むような作りだし(ロッカーにタオルがおいてない)、お風呂でバタ足する人いるし、牢名主みたいなアジュンマがいるし(笑)
なかなか面白い。
お風呂も薬草風呂や打たせ湯、電気風呂みたいなジャグジーのような泡の出る風呂、寝湯もある。
そしてサウナも温式、塩などのサウナがある。もちろん水風呂も。

服を着て入るチムチムバンエリアもいろんな人がいて面白い。
男女一緒に入れるフロアなので、カップルも目に付くが、家族連れが多い。マンガ本もいっぱいあって日本の漫画の翻訳物も多い。壁に背をつけて漫画を読んでる人も多かった。
でも客層がいいのか、大騒ぎするような人がいなかったり、みんなルールを守って使用している。
時々お母さんに怒られてる子どももいたけど。
チムチルバンの種類も塩、酸素、黄土など豊富で、一日いても飽きないかも。
軽食もおいしそうだった。

スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。