ひとり旅の友ブログ
ひとりメシの旅の記録です。 ひとりメシの友ブログと連動しています。


プロフィール

ひとりメシ

Author:ひとりメシ
ひとりメシの友の旅行記編としてこちらで旅行記を書くことにしました。
本ブログ、ひとりメシの友ともどもよろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



PR

PRです



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ワンデートリップ小樽2
夜の海が見たくなったので、小樽に行くことにした。
今回は車窓を楽しむのが目的なので、より海が近くに見える(はず)の、電車を使う。
銭函の海は夕暮れを過ぎているのに、朝焼けのような鮮やかな色だ。
銭函の海

銭函の海

本当はここで降りて海を眺めていたいのだが、ちょっと寂しかったので車窓だけにとどめておく。
写真にはないが、映画に出てきそうな歴史を感じる掘っ立て小屋や、花火をしている若者などがいて、とても絵になる風景だった。
郷愁に浸っているうちに、現実に引き戻される。
ヒルトン小樽をはじめとしたショッピングと宿泊が楽しめるウイングベイ小樽だ。
突如現れる大きな観覧車はライトアップ中。
ウイングベイ小樽の観覧車

ウイングベイ小樽の観覧車

途中下車して回転寿司。
ポスフール小樽の海天丸のいか納豆


ポスフール小樽の海天丸の帆立貝

詳しくはトラックバック先で
ネタはおいしいのだが、閉店前なのかいまいち活気がない。
ちょっと残念だった。
電車に乗って再びの小樽。
夜の小樽

夜の小樽

運河はライトアップされている。
かまロールでおなじみのお店も閉店している。
小樽の夜は意外に早い。
夜の小樽

夜の小樽

小樽バインでいっぱい引っ掛けようと思っていたのだが、疲れてしまってワインを購入して帰ることに。
(でも狸小路のドンキのが安かった)
夜の小樽

ぶどうの木だ。
歩いて駅に着いたら電車がしばらくない。
開いてるお店も少ないので、駅前をぶらぶらする。
夜の小樽

石川啄木の歌碑がある。
歌碑のすぐそばにある市場はもちろん誰もいない。
寂しいもんだ。
夜の小樽

駅の中に入る。
ここの駅、実はミニギャラリー?になっている。
夜の小樽

電灯もムードたっぷり
夜の小樽

夜の小樽

夜の小樽

足跡が可愛い。
夜の小樽

ちなみに帰りの電車はロングシート^^;
旅情を全く感じさせない。
小樽ー札幌は通勤圏なので仕方がないけど・・・
スポンサーサイト

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

ウイングベイ小樽の回転寿司海天丸

海が見たくて小樽まで行く。小樽築港駅そばのマイカル小樽を探索して、ポスフール小樽内の回転寿司屋に。ラストオーダーの手前なので回転してるネタが少なめ。ちょいと残念。とりあえず北海道の定番、サーモンを。サーモン
ひとりメシの友ブログ【2006/09/12 23:12】






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。