ひとり旅の友ブログ
ひとりメシの旅の記録です。 ひとりメシの友ブログと連動しています。


プロフィール

ひとりメシ

Author:ひとりメシ
ひとりメシの友の旅行記編としてこちらで旅行記を書くことにしました。
本ブログ、ひとりメシの友ともどもよろしくお願いします。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



PR

PRです



カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


那覇福州園
これで最後。ここから見える景色がとてもいいのだ。
こんなにいい場所なのにお客さんが少ないのは何でだろう。
那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

これでやっとおしまい。
それにしても中国に行った気分になった。
しかも入場無料!
いい場所だった。
スポンサーサイト

那覇福州園
さてここからが本番。
まるで中国だ。
那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

亀は噛むらしい。ご注意を。
那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

まだまだ続く~
(もう飽き飽き??)

那覇福州園
さて、続きを。
それにしてもここの場所、後ろに高層マンションとか近所の家の洗濯物とかがなければ完全に中国だ。
那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

鯉のえさも売っていたが、日本語なのが不思議なくらいだ。
那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

これで残り3分の1くらいだろうか。
このあとの景色がまたいい。

那覇福州園
那覇市内、ゆいれーる県庁前駅より海へ行く途中にある福州園という公園。
沖縄と交流の深かった中国の福州市と那覇市が国際友好都市になった10周年記念で作られた公園らしい。
今まで知らなかった公園なのだが、ここの公園はすばらしかった。
のんびり探索していたら、沖縄にいることを忘れてしまった。
那覇福州園


那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

那覇福州園

これでもまだ半分も回っていない。

那覇波の上宮のお正月
お正月の波の上宮は普段の静けさとは違って盛り上がっていた。
初詣に来る人ばっかり。
そして屋台ではなぜかチャーハンのようなピラフのような具の焼き飯を作っていた。
この焼き飯、沖縄では定番なんだろうか?
波の上宮のお正月

波の上宮のお正月

お宮を抜けて海に行く。
波の上宮のお正月

波の上宮のお正月

波の上宮のお正月

波の上宮のお正月

泳いでる人がいて驚く。
波の上宮のお正月

海岸はちょっと荒れ気味。

波の上宮のお正月



ソウルのルミナリエ
途中で雪が降ってきた。
今シーズンのソウルは雪が多いようだ。
今までのイメージからだと雪が少ないので驚いた。
ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ


ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

良く考えてみると、こういうのはフォトアルバムとかで出した方がいいんだろうなあ。
検討してみよう。

ソウルのルミナリエ
清渓川のイルミネーションを見に行く。
市庁の前のものもすごいが、ここは本当にルミナリエという感じがする。
ここも人が多かった。
写真を撮っているだけじゃなくてイベントもあるのでデートにももってこい。
ひとりは寂しいぜ!
ソウルのルミナリエ

川に行く前に見かけたビルの中にあった。
ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ここから川へ
ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

続きは明日に。

ソウルのルミナリエ
年末年始に行われる、ソウルのルミナリエ
前にも行ったことがあるのだが、写真がうまく撮れなかった。
今年もあまりうまく撮れてないが、ご紹介。
写真はクリックすると大きくなりマス。
ソウルのルミナリエ

教保文庫の前あたり
ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

この辺りから川のイルミネーションがはじまる。
川の反対側、東和免税店辺りにもイルミネーションがある。

そして市庁前のスケートリンクとイルミネーション。
人がいっぱいだった。
ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

ソウルのルミナリエ

スケートリンク。
ちょうど調整中でまわりに待っている人がいっぱいいた。
これからまた滑るのか?
ソウルのルミナリエ

川のほうへ移動する。

格安チケットで行くシンガポールとマレーシアの旅帰国編
格安チケットなので朝が早い。
4時過ぎにはホテルを出る。
まだ夜中だ^^;
ホテルの前に止まっていたタクシーに声を掛けるが、起きやしない。
なので走ってきたタクシーに乗る。
タクシーのおじさん、
やたらと「コリアンか?」「コリアンエアに乗るのか?」
と聞いてくる。
ジャパニーズだ、ユナイテッド航空に乗るって言っているのになあ(笑)
オー、ジャパニとか言い返してるのに、また「コリアン?」とか。
志村けんのネタみたいだ。
まあどうにか空港に。
約20ドルだった。
今回の旅行で一番使ったのがこのタクシー代かもしれない。
往復で45ドル以上だからなあ。
格安チケットの問題点はここかも。
空港にはこんな花があった。

チャンギ空港の花


飛行機が7時間、家まで3時間半以上。
結構遠いかも。

ブギスの夜
昼過ぎにシンガポールに戻る。
変な話だが、こんな簡単に国境を越えることが出来るのは不思議だ。
昼はリトルインディアを探索して、夜はブギスに。
歴史博物館

ホテルのそばの歴史博物館
シンガポールの建物

他にも不思議な建物があった。
信号待ちをしていたら2階建てバスがやってきた。
乗る機会があまりないのが辛い。
2階建てバス

そして夜のブギス。
若者いっぱ~い(笑)
ブギスの夜

ブギスの夜

ブギスの夜

でも一本入ると薄暗くて怪しいムードのところがあった。

それにしても食べ物を入れない旅行記はあまり書くことがないかも^^;

ジョホールバルで見かけた花
JBで見かけた花。
気候が同じなのでシンガポールと変わらないが、風が違うのか花が違うように見えた。

王宮公園

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花

JBの花と噴水

空の青さで花びらの鮮やかさが引き立っていた。

マレーシア写真館
王宮の中では時間が早いのかウォーキングをしている人がいっぱいいた。
動物もいるみたいだが、まだここも開いていない。
シンガポールもマレーシアも朝が遅いみたいだ。

画像はクリックで大きくなります。

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

王宮公園

でも何か冷たい印象があるのがとても気になった。


マレーシア写真館
ジョホールバルの海は綺麗だった。
ジョホールバルの海

ジョホールバルの海

ジョホールバルの海沿いの建物

海沿いのショッピングモールはまだ開いていなかった。
ジョホールバルの海

ジョホールバルの海

海の色は鮮やかなのに深い。

街はイスラムの文化やマレー独自の文化などアジアの混沌とした文化があるようだ。

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

JBの街

言葉少なに写真を撮る。

格安チケットで行くシンガポールとマレーシアの旅2日目
すっかりここの更新を忘れておりました。
旅行のこともすっかり忘れつつありますが、旅行記を。

今回泊まったのはシティベイビューというベンクーレンストリートにあるホテル。
ベイビューというのはホテルグループの名前らしく、残念ながら川は見えない。
部屋はスーペリアで取ったのだが、3ベッド(ダブルベッド+ソファーベッド)ルームだ。
勝手にアップグレードか?それともこのホテルはこういう仕様なのか?
部屋が広くてびっくり。
前に泊まったジ・インはショップハウスだったのでそれはそれでよかったのだが、近代的なホテルもいい。
どうせホテルライフを楽しむ旅行じゃないし。
シティベイビューの部屋

シティベイビューの部屋

3ベッドだけどひとり・・・
バスルームは結構広い。
シティベイビューのバスルーム

シティベイビューのバスルーム

PR
海外ホテル




部屋の説明はこのくらいで、朝一でマレーシアに向かうことに。

ブギスの駅のそばのクイーンストリートバスターミナルからバスに乗る。
直行便のバスと、イージーリンクカードで乗れる170番バスとある。
今回は170バスを選択。
バスは混んでいないので座れた。が、停留所ごとに人がどんどん乗ってきて混み合ってくる。
仕事に行く人が乗っているみたいだ。
途中に大きな市場があったりして乗り降りがあるが、乗ってくる数のが多い。


JB行きのバス


結構時間がかかったが、無事にマレーシアに入国する。
が、時間が早かったのでどこもやっていない。
海を見たり、王宮を見たりするのだが、王宮もまだやっていないみたいだ(笑)
唯一並んでいたのがインドネシア大使館(らしい)
ビザの発給なのか切り替えなのか、長蛇の列だった。
そしてナシレマの朝食をいただく。
詳しくはこちらに。
http://hitorimeshi.blog67.fc2.com/blog-entry-114.html
物価も安いし、何しろ近いので買い物がてらにJBに来るらしい。
JBのお土産

JBのお土産

このあたりのものもセールだったので、300円とかそんな価格で買えた。
嬉しい。
テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。